育毛剤で一番効くものとは?

育毛剤で一番効くものとは?

効く薬と問われれば、何がどれだけ入っているかに左右されます。

 

有効成分としてよく聞かれるのはミノキシジルでしょう。一定量かつ一定期間以上、頭皮に塗布を続けることで毛包部分を刺激、発毛を促すというものです。
どれだけの量を使うかも重要ですが、1日2回の使用を継続して行うことが肝心です。

 

この有効成分を含み、入手しやすい医薬品と言えば、大正製薬から発売されているリアップ シリーズだと思います。
有効成分の含有量、使用者の対象とでいくつかのバリエーションに分かれており、その中で成分含有量5%と、一番含有量が多い最上位品が リアップX5 という商品です。
同社製品比較によると、有効成分1%含有のリアップ使用時の発毛率を1倍とした場合、リアップX5使用時の発毛率は1,4倍程度と報告されています。

 

これら医薬品の常として、有効成分が多く含まれていれば、その分価格も上がります。

 

ただ少し薄くなったかもという程度の薄毛であれば、含有量1%でも十分効果が望めるようです。
1%のリアップでどうにかなるうちに、対策をしておくのがよいでしょう。

 

また、日本での医薬品未認可ではありますが、リアップX5とほぼ同等の成分である カークランド という海外の育毛剤も、最近では様々なバリエーションが出回っています。

 

日本で未認可ではあるものの、アメリカFDA(食品医薬局)の認可を受けているので、医薬品としては申し分ありません。わざわざ輸入したとしても、リアップよりも低価格とのことで、個人輸入に始まり、通販でも人気のようです。

 

またAGA(男性型脱毛症)でお悩みの場合、発毛のミノキシジルと併せ、脱毛を防ぐフィナステリドを利用すると一段と効果が上がるとのことです。
フィナステリドを含む医薬品で有名なのはプロペシア、またはフィンペシアが相当します。発毛よりは脱毛に効果のある薬で、治療よりは予防の意味合いの方が強い医薬品です。

 

これらはそれなりの額がする上に、人気も下がることが無いので、偽物も出回っています。怪しい業者や、相場よりも安すぎる商品を皆様の中では見たことがあるかもしれません。
ただ何も入っていない詐欺商品であればまだともかく、最悪なにが入っているかもわからない恐れがあります。怪しいと思ったら避けるのが賢明でしょう。高いのにはそれなりの理由があるのです。

 

最後に一点、紹介しました有効成分は効果が望める分、副作用も強い薬品です。
多ければその分効果も倍などという事は決してありません。あくまで用法用量を守り、対策をしていきましょう。