頭頂部の薄毛を改善するには何が効くのか

頭頂部の薄毛を改善するには何が効くのか

日本で発毛の効果が認められている医薬品にはミノキシジルという成分が含まれています。

 

しかしこのミノキシジル、もともとは高血圧用の医薬品で、発毛を目的としたものではありませんでした。
本来血管拡張剤として患者に処方されていたものでしたが、副作用として発毛を確認。
その後育毛剤として研究され、特に頭頂部への発毛が期待される塗り薬として処方されるようになりました。

 

言わば偶然の産物というわけです。
ならばなぜ発毛を確認できたのでしょう?

 

ミノキシジルで何故生えるかですが、まず高血圧で狭くなった頭を含む各部の血管が広がります。血液のめぐりが良くなった結果、発毛もしやすくなったという事のようです。

 

冬になれば手や足が冷たくなりますよね。血管が縮こまり、血流が悪くなると影響はまず末端から影響が出ます。頭皮もまた東部からすれば末端部分。影響が一番出やすい個所であると言えます。

 

ミノキシジルの副作用で発毛が確認できたのであれば、その人数は結構なものであったはずです。全員がそうではありませんが、高血圧の患者に薄毛の人が多かったのかもしれません。

 

それならば、頭皮の環境を正常に保つとともに、血流を良好にする健康管理が大事となります。
血圧や冷え症等、血流に関する健康状態を改善するために、まずは食生活や生活習慣と見直せるところから始めていきましょう。

 

もう一つ有用とされているものとしてプロペシアがあります。
フィナステリドという成分を主とする飲み薬で、男性型脱毛症への防止効果が認められます。

 

脱毛を誘発する男性ホルモンのテストステロンに働きかけ、脱毛を防止するのですが、そのために女性には処方ができません。
皮膚からも吸収してしまう恐れがあるので、女性、特に妊婦には決して触らせてはいけない薬品です。

 

テストステロンから出る脱毛誘発物質を合成させないよう邪魔をして、脱毛を防ぎます。
そのため、発毛する効果は無いはずなのですが、実際に発毛したという利用者が何名も存在するようです。

 

ミノキシジル同様、プロペシアは日本では健康保険の適用外となります。発毛を期待できるミノキシジルをプロペシアと併用する方もいますが、高価な薬代に困り果て、途中で投薬をやめてしまう人も少なくありません。その後脱毛が再発、余計に抜けるようになってしまったという方もいるようです。
“高価だけどやめることができない…“という場合、ほぼ同成分、かつ安価なものを利用するという方もいらっしゃいます。

 

その一つがフィンペシア。インドの製薬会社が製造する医薬品です。残念ながら厚生労働省の認可を受けておりませんが、有効成分フィナステリドをプロペシア同様含んでいます。

 

プロペシアを服用する人は、医療機関でAGA検査を受け、治療の見込みがある方々がほとんどです。そんな方々の一部がフィンペシアに切り替えていくという事が多いそうです。